2017年03月18日

「ヤクザは立入禁止」発言職員を懲戒処分…なんで??



三田市クリーンセンター(兵庫県)の男性技術職員が、業務で訪れた男性市議に「ここはヤクザ、暴力団は立ち入り禁止です」と発言していたことがわかった。

市によると、市議は2月1日午後1時ごろ、環境共生室長とクリーンセンター所長に会うため来所した。その際、1階出入り口付近で男性職員を見かけ、市議の方から「久しぶり」とあいさつした。
男性職員は「こんにちは」と答えた後、この問題発言をした。市議は怒り、室長らに「職員を管理する立場としてどう思うか。私は入ってはいけないのか」とただしたという。

市は職員らから事情を聴取。発言は、市懲戒処分標準例の「職員に対する暴言により職場の秩序を乱した場合」(職場内秩序びん乱)に当たると判断した。


なぜにこれで処分?
むしろヤクザ関係者だと思わせるような態度や見た目をしており他者に不快感を与えることのほうが市議として問題な気がするのですが…市職員がそう感じたということは市民もそう思ってしまう可能性がかなり高いですよね⁈

まぁ「あなたはヤクザです」と言ったに等しいとは思いますが、「この人はヤクザなので危ないですよ!」と他の人に喧伝したわけではないし、ヤクザは立入禁止というルールを遵守しようとした姿勢は素晴らしいと思うんですが…

ひょっとしてヤクザかも?と思ってながら怖いから黙っているよりははるかに評価に値する、そう思えない市議は、市議としての資質にも欠けるのでは?








スポンサードリンク



クリック応援おねがいします!
posted by みえんえん at 09:35 | Comment(0) | TrackBack(0) | 気になるニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック