2017年10月17日

【SV旅】ポーランド ジェラゾヴァ・ヴォラ

ポーランドにあるジェラゾヴァ・ヴォラにきました。
ここは、1810年、作曲家フレデリック・ショパンが生まれたところです。ショパンはここで産まれ、1849年の今日、パリでお亡くなりになりました。

A30C95CF-866A-4B2B-AA47-3B8DC8F5C84C.png

6DE12B18-DE9F-4021-82EA-BBE31E978EFD.png


小さな田舎町ですね。畑が広がり、気持ちのいいところですね(^-^)



スポンサードリンク



クリック応援おねがいします!
posted by みえんえん at 19:22 | Comment(0) | ストリートビューの旅 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月14日

【SV旅】USAテキサス州 デニソン

今日はアメリカ・テキサス州にある田舎町デニソンにやって来ました。

今日は大統領34代大統領ドワイト・アイゼンハワー氏の生まれた日なので、彼の故郷のこの町にしました。

0B22AF55-DEBB-403E-BEE8-BF9C5E041D39.png

通りが綺麗な碁盤の目になった典型的な開発の町。

09E77032-E26A-4824-A8FC-DC7984B020E6.png

ここが、この町のメインストリート。
見た所、一番店屋さんが並んだ中心地って感じです。
ここ以外ではスーパーとかすらもなんかあまり見かけません。

CDBC30AB-6266-4087-996C-E8BA2F2C2E4C.png

アメリカの田舎町って不思議ですね。
同じ田舎町でも、テキサスの田舎とノースダコタ州の田舎と、雰囲気が違う。
同じ国なのに面白いですね。
次はそんな雰囲気の違う田舎を覗いてみようかな!



スポンサードリンク



クリック応援おねがいします!
posted by みえんえん at 18:21 | Comment(0) | ストリートビューの旅 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月04日

【SV旅】フランス グリュシー村

フランス北西部マンシュ県にある小さな村グリュシーに来ました。

1814年の今日、画家ジャン=フランソワ=ミレーが生まれた場所です。

98152D6A-3F1C-4D7D-B89E-B4302B70E1D5.png

1FE7EE3A-6250-4F1E-AA91-2F8EFEA04C6B.png

とても小さな村です。
検索しても出てこないので、フランス北西部をかなり細かく探し回ってしまいました。
海沿いの自然豊かな綺麗な村です(^-^)

C892DF10-9E86-4597-BD14-AA4730268F9C.png

看板に「ミレー」の文字がありますね。記念館かな?と思いましたが、中はショップのような…

14C175FA-A63F-4E59-944F-27BC62AC8ED3.png




最後にミレーの代表作を載せておきます。

『晩鐘』
913CB5BC-6904-4A88-91CB-34FAAC4700EA.jpg


『落ち葉拾い』
552A3BA1-F853-46A7-AB74-0983E0BA61FB.jpg


どちらも哀愁漂う綺麗な絵ですね。
ミレーは農家の生まれだそうです。
幼い頃から目にして来た情景なのでしょうか。




スポンサードリンク



クリック応援おねがいします!
posted by みえんえん at 20:31 | Comment(0) | ストリートビューの旅 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月03日

【SV旅】ドイツ 旧ベルリンの壁

ドイツ、ベルリンの壁の跡に来ました。

1990年の今日、東西ドイツが統一されました。
東西を分離する象徴となっていた壁、今ではその一部が保存され、その歴史と平和の大切さを語り継いでくれています。

8E594E0A-A16A-4FB1-BCFC-5C21C5EEE4D3.png

まずは、イーストサイドギャラリー。
たくさんのアーティストによってカラフルに描かれています。


2DE4C6D7-2F1C-4BF9-ABEA-DC9F58920600.png

こちらはベルナウアー通り。
ほど近くに記念館もあります。
中が見れないのが残念です。


もう二度と、分裂などすることのない平和なドイツであってほしいですね(^-^)




スポンサードリンク



クリック応援おねがいします!
posted by みえんえん at 22:31 | Comment(0) | ストリートビューの旅 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【SV旅】和歌山県 北山村

和歌山県にある北山村に来ました。

今朝、こんな記事を目にしました。


配属先は村の観光協会で、20〜35歳の1、2人を採用する。報酬は月額16万6000円と書いている。募集要項を見るとこの他にも、3大都市圏など都市部に在住している人、委嘱後に北山村へ住民票を異動させて生活できる人、自家用車を所有し運転している人、などが書かれている。住む家は用意されるが、家賃が発生する。勤務期間は最長3年だ。


>>>
厳しいw
住居は用意はいいけど、せめて在職中は家賃無料、退職後は望めば家賃を払ってすみ続けることは可にしないと。車も免許保有者を募集して、車そのものは貸さないと。在職中の食費や生活費の補助もあってもいいかも。


そんな願望先走った募集をしてしまった村の場所は…

A7D11D9C-FDB3-43D2-ADCB-E725EABB3E6B.jpg

…かな。辺鄙なところですね^^;

BDE696FB-14A6-4B26-AEBD-2CD5000DBF27.png

…うん、ど田舎ですね。
ここは役場もある通りなので村のメインストリートだと思いますが。


う〜ん、
いいご縁があればいいですけどね。




スポンサードリンク



クリック応援おねがいします!
posted by みえんえん at 18:05 | Comment(0) | ストリートビューの旅 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月30日

【SV旅】イギリス ウェールズ ピーターチャーチ

イギリス、ウェールズ地方にあるピーターチャーチという小さな町にお邪魔しました。
8057B0AF-10C9-426A-9C7B-BA8358AD5F75.png

1CBB36E7-EA18-417B-B5FE-E4E4ADE63762.png

27293C6E-51C6-417D-97E1-4680812540DB.png


この街を選んだ理由は特にありません。

今週末はなんだか仕事のことか頭から離れず、なかなかにしんどいです。全てを投げ出して、すぐに遠くに逃げ出して、人生をリセットしたい気分にかられています。
こんな小さな片田舎で暮らせたら…と強く憧れてしまいます。「何かを始めるのに遅すぎることはない」なんて、綺麗事だなと思う。逃げ出せば少なからず娘と夫の人生は変わる。私は私の人生はどうでもいいとしても、2人の人生を犠牲にすることはどうしてもできない。
それに、実際問題、お金や住居、それに言葉やビザの問題はどうすりゃいいんだよと考えて苦笑してしまいます。面倒なことは嫌い。全てがうまく手続きされて、ゆとりのある生活ができる程度のお金、素敵な庭がある家もあり、言葉や国籍の問題を気にもしないいい人たちが近所や仕事仲間に集まっているような、準備万端なところにひょこっと住んでみたいという甘ったれな私。そんなじゃダメだよね、全然ww

なんだかな、そんなじゃ準備なんていらない、全ての不安や心配事を飲み込んで、身1つでどこかに移住したいな…



スポンサードリンク



クリック応援おねがいします!
posted by みえんえん at 20:14 | Comment(0) | ストリートビューの旅 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月22日

【SV旅】USAペンシルベニア州 ゲティスバーグ

アメリカ、ペンシルベニア州にあるゲティスバーグという町に来ました。

1862年の今日、第16代アメリカ大統領エイブラハム・リンカーン氏が奴隷解放宣言をした日です。
この町は、リンカーン大統領の名言「国民の国民による国民のための政治を地上から決して絶滅させないために、われわれがここで固く決意することである」という民主主義を謳ったゲティスバーグ演説があったのがこの町です。

72958543-43E0-413E-BF3C-EB425AD3DFD3.png

とても整った町だなと思いました。
広い公園と、戦没者の墓地や大学がありながらも、喧騒という感じではないです。

D8D742A5-3B60-4F88-9E0C-A8225AAC4F56.png

B6A38E2A-FAEE-4C8F-899B-631DB4048117.png

AA1D18AB-BABD-4220-A2E9-F874D67FB3E3.png

家はどの家も大きな戸建。
アメリカ国旗を掲揚してあるお家が多いのが印象的でした。




スポンサードリンク



クリック応援おねがいします!
posted by みえんえん at 21:53 | Comment(0) | ストリートビューの旅 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月17日

【SV旅】イタリア ヴィンチ

イタリア、フィレンツェにあるヴィンチという村にやってきました。

名前からピンときますが、ここはレオナルド・ダ・ヴィンチが生まれた場所です。
…フルネームが「ヴィンチ村のレオナルド」だと思うとにわかに同情してしまいます。

D57EFB0A-8612-42DA-9951-1229373DBE4D.png


9D7B116B-2886-46D3-B340-202BC64DC321.png

A7167AD3-C486-4F5E-B6EF-16AB8C1572C5.png

大都会でもない、過疎でもない、緑が多くて程よく静かな町でした。
駐車区画もよく整備されてて綺麗な印象。

D4EA733B-2762-425E-AACC-E9F4FE9DE46C.png

そして、当然ありました!レオナルド・ダ・ヴィンチミュージアム。
中にビューポイントがないのが残念でした。

AD45D5B9-9A91-41BF-8628-944C5FFAC276.png

…わかるんだけどね。
モナリザが代表作なのはわかるんだけどね。
怖いよ(´・ω・`)


どうせなので、レオナルド・ダ・ヴィンチの作品を貼っておこうかな

『モナリザ』
D87D43EC-0903-485C-9F42-E8EF4F47A3E1.jpg


『最後の晩餐』
これは、ミラノにあるサンタ・マリア・グラツィエ教会の壁画ですね。昨年11月にこのストリートビューの旅でも訪れました。
286AA95B-92FD-4E8C-B637-82ED4226C0BC.jpg


『受胎告知』
0F4C890D-E4C0-4935-A725-8884BCA0A370.jpg


個人的に好きなのはこの3枚かな。
いつか、本物を直に観に行きたいな!



スポンサードリンク



クリック応援おねがいします!
posted by みえんえん at 09:19 | Comment(0) | ストリートビューの旅 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月12日

【SV旅】ギリシャ マラトン

ギリシャにあるマラトンという村にお邪魔しました。

今日9月12日は「マラソンの日」です。
紀元前490年、ギリシャ軍の兵士がこのマラトンからアテネまで、勝利を知らせに走り抜いた後、絶命したことに由来して、現在のマラソンとなりました。

55D53FC7-4F67-4586-8140-95C5E3DF309D.png

9D93FDD3-DECD-4B83-B2C6-76CFAC3E65A0.png

中心部は人も車も見受けられ、二階建てや三階建ての住宅も見られましたが、少し郊外に行くと…

89688E83-FD13-4873-9CAA-F65FCF246E32.png

…かなり荒野が広がってますね!

03EA54AB-068B-4012-A9B1-DA4B8E10F0E5.png

C244026B-440B-4DEB-9413-A712CE2471BC.png

村の南の方は比較的裕福なのかな、真新しい綺麗な豪邸が並んでいました。



スポンサードリンク



クリック応援おねがいします!
posted by みえんえん at 18:46 | Comment(0) | ストリートビューの旅 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月10日

【SV旅】フランス ピュイルビエ

フランスにあるピュイルビエのいう村にやって来ました。

ポール・セザンヌ画
『大きな松の木のあるセント・ヴィクトワール山』

3EAC7F24-8F5A-4EC9-916A-580B973554D8.jpg


この絵で描かれている山のすぐ近くの小さな村です。

E486437C-0D6A-4781-AD28-8D0A5ABE90EE.png

46AF37DC-6237-4CDF-AB68-BA591306007F.png

本当に静かそうな、みんなが肩を寄せあうような小さな村です(^-^)

645F4C32-4097-4C2A-9669-15C720569CCB.png

0D5BE0B7-8B63-4B6D-9A4A-DAABB15309A9.png

山道への入り口と、セント・ヴィクトワール山の山頂です。

C9797E22-9530-42BD-A001-765B4CE00D74.png


松はさすがに見つけられませんでした…


セザンヌの自宅はこの村ではなく、もう少し離れたエクサン・プロバンスという街の近くにあったようです。
83E0D145-DEDF-418C-BDD8-5F714AEB3464.png

立ち寄ってみると思ったより賑やかな大都市でした!






スポンサードリンク



クリック応援おねがいします!
posted by みえんえん at 08:29 | Comment(0) | ストリートビューの旅 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする