2017年09月17日

【SV旅】イタリア ヴィンチ

イタリア、フィレンツェにあるヴィンチという村にやってきました。

名前からピンときますが、ここはレオナルド・ダ・ヴィンチが生まれた場所です。
…フルネームが「ヴィンチ村のレオナルド」だと思うとにわかに同情してしまいます。

D57EFB0A-8612-42DA-9951-1229373DBE4D.png


9D7B116B-2886-46D3-B340-202BC64DC321.png

A7167AD3-C486-4F5E-B6EF-16AB8C1572C5.png

大都会でもない、過疎でもない、緑が多くて程よく静かな町でした。
駐車区画もよく整備されてて綺麗な印象。

D4EA733B-2762-425E-AACC-E9F4FE9DE46C.png

そして、当然ありました!レオナルド・ダ・ヴィンチミュージアム。
中にビューポイントがないのが残念でした。

AD45D5B9-9A91-41BF-8628-944C5FFAC276.png

…わかるんだけどね。
モナリザが代表作なのはわかるんだけどね。
怖いよ(´・ω・`)


どうせなので、レオナルド・ダ・ヴィンチの作品を貼っておこうかな

『モナリザ』
D87D43EC-0903-485C-9F42-E8EF4F47A3E1.jpg


『最後の晩餐』
これは、ミラノにあるサンタ・マリア・グラツィエ教会の壁画ですね。昨年11月にこのストリートビューの旅でも訪れました。
286AA95B-92FD-4E8C-B637-82ED4226C0BC.jpg


『受胎告知』
0F4C890D-E4C0-4935-A725-8884BCA0A370.jpg


個人的に好きなのはこの3枚かな。
いつか、本物を直に観に行きたいな!



スポンサードリンク



クリック応援おねがいします!
posted by みえんえん at 09:19 | Comment(0) | ストリートビューの旅 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月12日

【SV旅】ギリシャ マラトン

ギリシャにあるマラトンという村にお邪魔しました。

今日9月12日は「マラソンの日」です。
紀元前490年、ギリシャ軍の兵士がこのマラトンからアテネまで、勝利を知らせに走り抜いた後、絶命したことに由来して、現在のマラソンとなりました。

55D53FC7-4F67-4586-8140-95C5E3DF309D.png

9D93FDD3-DECD-4B83-B2C6-76CFAC3E65A0.png

中心部は人も車も見受けられ、二階建てや三階建ての住宅も見られましたが、少し郊外に行くと…

89688E83-FD13-4873-9CAA-F65FCF246E32.png

…かなり荒野が広がってますね!

03EA54AB-068B-4012-A9B1-DA4B8E10F0E5.png

C244026B-440B-4DEB-9413-A712CE2471BC.png

村の南の方は比較的裕福なのかな、真新しい綺麗な豪邸が並んでいました。



スポンサードリンク



クリック応援おねがいします!
posted by みえんえん at 18:46 | Comment(0) | ストリートビューの旅 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月10日

【SV旅】フランス ピュイルビエ

フランスにあるピュイルビエのいう村にやって来ました。

ポール・セザンヌ画
『大きな松の木のあるセント・ヴィクトワール山』

3EAC7F24-8F5A-4EC9-916A-580B973554D8.jpg


この絵で描かれている山のすぐ近くの小さな村です。

E486437C-0D6A-4781-AD28-8D0A5ABE90EE.png

46AF37DC-6237-4CDF-AB68-BA591306007F.png

本当に静かそうな、みんなが肩を寄せあうような小さな村です(^-^)

645F4C32-4097-4C2A-9669-15C720569CCB.png

0D5BE0B7-8B63-4B6D-9A4A-DAABB15309A9.png

山道への入り口と、セント・ヴィクトワール山の山頂です。

C9797E22-9530-42BD-A001-765B4CE00D74.png


松はさすがに見つけられませんでした…


セザンヌの自宅はこの村ではなく、もう少し離れたエクサン・プロバンスという街の近くにあったようです。
83E0D145-DEDF-418C-BDD8-5F714AEB3464.png

立ち寄ってみると思ったより賑やかな大都市でした!






スポンサードリンク



クリック応援おねがいします!
posted by みえんえん at 08:29 | Comment(0) | ストリートビューの旅 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月07日

【SV旅】キリバス タラワ島

キリバスという国のタラワ島に来ました。


以前に紹介したナウル共和国のすぐ隣にある、赤道直下の小さな国です。

B48D1B0F-57B6-43F8-9D8D-004274605500.png

もちろん、青い海、美しい自然てんこ盛りです!


F80E3023-168F-4E6D-BC61-97359D99DB7D.png

E05ED00B-A5A2-4E4D-8B5C-E578CAC0A49F.png

空港や港もものすごくこじんまり、手作り感満載です。

A9A632AE-AEE8-4A6D-84D2-5183F2C131C9.png

A6659EDF-9FDE-4265-8C4B-64B41B821CB8.png

島自体はほぼ環状になっています。
道や家、施設はそこそこ整っているのかなという感じ。
それもそのはず、ここはこの国の首都があり、中心地なのですから、さあらゆるサービスが集中しているのです。


こうしてみると、人が少なく、あらゆる悩みや煩わしさからの逃亡先にうってつけのような気がするのですが…
この島には深刻な問題があり、住民の皆様は移住必須なのだそうです。
この島は海抜2mほどしかなく、温暖化の海面上昇により沈んでしまう恐れがあるそうです。
まぁ、それは堤防などで防いだとしても、この国はその地理的状況もあって極貧の国。
経済的自立ができておらず、あらゆる施設やインフラは他国の援助の元で作られたのだそうです。
快適そうに見える国にも、色々とあるんですね…
(当たり前か?



スポンサードリンク



クリック応援おねがいします!
posted by みえんえん at 20:31 | Comment(0) | ストリートビューの旅 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月04日

【SV旅】ベルギー アントウェルペン

ベルギーのアントウェルペンに来ました。
特に、フランダースの犬でネロとパトラッシュがお亡くなりになったアントワープ大聖堂に来て見たかったんです!

07CD6F1A-EFCA-4DD8-8BA1-60536D379392.png

…空が曇っているせいか何処と無く不気味な感じがしますね^^;

39AC4815-B964-41D1-A064-EBD4DBD8F2A5.png

中はさすがに荘厳です!

2CD3FB3C-D111-4B13-9F11-C178E21C2AA2.png

1DCCC949-4115-40C7-881F-72D7DC027541.png

ネロとパトラッシュがみたがったルーペンスの2枚の絵もちゃんとありました。


この機会に絵もきちんと紹介を……

ピーテル・パウル・ルーペンス画
『キリスト昇架』
61392A81-6C20-4A75-9822-1E769176B71B.jpg

『キリスト降架』
8DC14C10-F011-4F3C-9770-C943028FE993.jpg


大聖堂の近くを見てみると、ルーペンスの家もありました!

AF4C1084-183F-4437-BC26-0886A3152DD1.png

…なんだか趣がないなぁ。雰囲気がないというかなんというか。
こんなもんか?w




スポンサードリンク



クリック応援おねがいします!
posted by みえんえん at 20:20 | Comment(0) | ストリートビューの旅 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【SV旅】ナウル共和国

今日はナウル共和国にきました。
この国はオーストラリアとハワイのちょうど中間のあたりにある小さな島国です。

今朝、こんな記事を目にしました。
同島は1888年にドイツの植民地になったのですが、この島全体が肥料として貴重なリン鉱石でできていることが分かってから、島の経済状況が大きく変わりました。リン鉱石採掘による莫大な収入がナウルの国民に還元されるようになり、漁業と農業に従事して貧しくも慎ましく生きていた島民の生活は一変したのです。
医療費や学費、水道や光熱費はもちろん、税金まで無料というまさに“地上の楽園”となったのです。
その上、生活費まで支給されたことから、仕事に従事せずとも生活できるという“夢のような時代”が30年間続いた。その結果、ナウルの社会構造は公務員が10%、残りは無職(90%)という、とてつもなくいびつな国家になった。
無職の人間が国の大半を占めたナウル共和国は、国民の90%が肥満体質になり、その30%が糖尿病という、世界最高の肥満と糖尿病の国になりました。やがて、リン鉱石の枯渇に見舞われた際に思慮したのが、『どうしたら、これからも働かずに食っていけるか』でした。
テロの片棒を担いだり、各国から資金援助を引き出そうとした結果、いまでは全世界から相手にされなくなっています…


BFCAE658-CA51-411F-B8FE-7E7C5AE74C9C.png

FFC7C948-32E1-4C84-A83D-624F8521E183.png

美しいですね。本当に楽園のようです。
一時期の莫大な資産を手に入れたことで、この島は陥れられた。

C26A4557-5875-46DB-9765-929C138FD511.png

この島でのビューポイントは、このたった3箇所しかありません。
草むらに覆われた稼働していないと思われる工場に、寂しさを感じますが、美しい自然はまだ存在しています。



スポンサードリンク



クリック応援おねがいします!
posted by みえんえん at 07:41 | Comment(0) | ストリートビューの旅 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月03日

【SV旅】ドイツ デュイスブルク

ドイツにあるデュイスブルクに来ました。

どんな街かな?って気になったので(^-^)


BE62E844-4E5C-43C3-B9EB-8E889AC55A86.png

0D842E13-5C45-4B4F-8AD9-7006D4B882FF.png

人口約49万人の大きめの都市です。
お店屋さんが並んでおり、活気がありますね!

B059F091-29EA-4532-A94D-FDC3581950AA.png

砂のお城だけではなく、本物のお城や教会が美しい街でもありますw

AB7EA652-C3BB-4E31-909F-2EB965AF86C0.png

屋外びじゅつかんがあったり、噴水にアーティスティックな像があったりと、芸術的意識が高い街でもあるのかな。
綺麗な街だなという印象です。


A4B15441-84CA-41B8-A312-9A1EC93CB2EE.png

住宅街では、戸建てというよりも低層のマンションが多い印象でした。
まぁ都市部だからね。



スポンサードリンク



クリック応援おねがいします!
posted by みえんえん at 08:55 | Comment(0) | ストリートビューの旅 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月31日

【SV旅】イギリス サンドリンガム・エステート

イギリス・ノーフォーク州にあるイギリス王室の別邸サンドリンガム・エステートに来ました。

1997年の今日、ダイアナ元皇太子妃がお亡くなりになった日です。お亡くなりになった場所…では悲しいので、生誕の地にしました。

1961年7月1日、ここでダイアナ妃は産まれました。

249F77BC-99D6-4F19-987C-FB9D456B70EC.png

80A576BD-A1FD-42C1-B3D4-EE8BEF358B77.png


さ、さすが…別邸と言えどもかなりな豪華さ。
一体、何部屋あるんだろう?
中が見れないのが残念です。

0BFD125E-4571-4294-A466-BAC5EB92D6E2.png

敷地内はとても美しい庭園です。ガーデンパーティとかしたりするのかな?
現在もクリスマス休暇などには利用されているとのことです。いいな〜、こんなとこでゆっくり休暇してみたい!




スポンサードリンク



クリック応援おねがいします!
posted by みえんえん at 19:44 | Comment(0) | ストリートビューの旅 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月30日

【SV旅】エジプト アレクサンドリア

エジプトのアレクサンドリアに来ました。

紀元前30年の今日、クレオパトラがお亡くなりになったそうです。(ホントかなぁ?w

3B1EE967-D0EE-4D27-8610-1EDE9C0355F8.png

1CB03F84-00DC-4E57-8A8D-A4D68248E781.png

もちろん、紀元前とは様変わりしているのでしょうけれど、人が集い、盛んな商いの中心であると言うことには変わりない様子。
少しゴミゴミしてるかなという印象は拭えませんが…

19EAC0D7-33FC-4C67-8E56-59EE4C017427.png

ポンペイの塔です。
外から見るだけではなく少し中を見れることに驚きました。

74CA0CC5-B548-47B4-8B2F-8811182DFF39.png

当時はどんな街並みだったのかなぁ…



スポンサードリンク



クリック応援おねがいします!
posted by みえんえん at 08:28 | Comment(0) | ストリートビューの旅 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月29日

【SV旅】USAインディアナ州 ゲイリー

アメリカ・インディアナ州にあるゲイリーのいう街に来ました。
1958年の今日、この街でマイケル・ジャクソンさんが生誕しました。
何か記念館とかあるのかな?と予想していましたが…ありました!

594501CB-C394-412A-8FDA-77E4D9816D97.png

生誕の地としてモニュメントがあり、多くの車が止まっていました。
う〜ん、ご近所さんたちは迷惑なのかな?誇りなのかな?

6AA268C5-33BE-4B9E-AC75-145AC6904D72.png

6DA2201E-42FF-4459-A12B-BC7D66DFD4B4.png

住宅街を歩いてみるといたって普通のアメリカの街。大学もあり、大学や工場もあります。

平和そうに見えるのですか、この街は治安がかなり悪いみたい…
1990年代後半では全米で最も危険度が高い都市になったそうな…近年は少し改善して来ているようですが、それでも危険度ランキング10位以内ですね^^;
そんな風には見えないのになぁ



スポンサードリンク



クリック応援おねがいします!
posted by みえんえん at 11:20 | Comment(0) | ストリートビューの旅 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする